様々な用途の建物を設計し、
数多くの建物を地図に残していきたい

営業部 設計課/2011年入社
崇城大学工学部建築学科卒
村端 將臣
MASAMI MURAHASHI

様々な用途の建物を設計し、数多くの建物を地図に残していきたい

村端 將臣 1

入社1年目は現場管理。
2年目以降設計課に。

長い歴史をもち、熊本にある大型建物を数多く手掛けている信頼と実績がある企業です。その中で働きたいと強く思ったからです。

大学で建築を学んだこともあり設計を志望しましたが、1年目は現場管理を担当しました。現場の仕事の大変さも大切さも学ぶことができ、設計の仕事をする上で大きく役に立っています。今でも当時お世話になった職人さんから声をかけていただくことがあり、嬉しく思います。

現在は設計課で新築建物の設計・監理をメインに、過去の施工物件の改修工事依頼があれば改修計画等のご提案を行っています。最初に手がけたのは鉄骨2階建ての事務所の設計。上司のアドバイスをもらいながら、何回も図面を書き直したことを覚えています。

村端 將臣 2

仕事に真摯に向き合うことが
お客様のご満足に。

現在手がけている仕事はダンボールの紙パッケージの製造工場の設計です。将来的に医療品や化粧品を入れる箱の印刷をされると伺ったので、建物内に陽圧をかけるなど防虫を意識した設計を行っています。この物件をご紹介いただいたのは、過去にお世話になった別の印刷工場のご担当者様からです。

その工場の地盤はもともと緩かったので、社内で検討を重ね、地盤を強くするある工法をお勧めし採用していただきました。おかげさまで2016年に起きた熊本地震でも被害はほとんどありませんでした。

ご担当者様も大変喜ばれ、今回のご紹介につながりました。やはり、仕事に真摯に向き合うことがお客様のご満足になること、そして次の仕事につながるということを実感しました。

村端 將臣 3

お客様に“寄り添う”
仕事をしていきたい。

この仕事の醍醐味は、自分自身が設計した建物が日を追うごとにカタチになっていき、外部足場を解体した際に建物全体を目の当たりにできることです。また、施主様へ建物を引渡し、感謝の言葉を頂いた時にやりがいを感じます。

私は時間がかかるかもしれませんがお客様に寄り添った仕事をしていきたいと思っています。お客様からじっくりとお話を伺い、不安を取り除きながら一歩一歩設計を進めていきたい。そして、様々や用途の建物を設計し数多くの建物を熊本の地図に残していきたいです。

若い人でもたくさんの仕事を任せてもらえるところが建吉組のいいところ。上司や先輩も優しく、風通しのいい環境で仕事をさせてもらっています。

村端 將臣 4

[建吉組を目指す学生さんにメッセージ]

若くてもたくさんの仕事を任せてもらえる会社です。多くの経験が出来る当社で、共に働きましょう。

[村端さんのある日のスケジュール]

7:15
出社後、メールの確認と1日のスケジュールの確認
8:00
朝礼 図面・提案資料の作成
10:00
官公庁やお施主様との打合せ。打合せが無い際には、図面等の作図
12:00
昼食
13:00
施工現場の定例打合せ等
15:00
図面の作成等
18:30
帰宅